新型コロナウイルス感染拡大にともない、掲載時からイベント内容が変更となっている場合がございます。

サイトウマコト「2100」

2017年09月09日(土)〜2017年10月14日(土)

小山登美夫ギャラリーではサイトウマコトの新作展「2100」を開催いたします。

1980~90年代、グラフィック・デザイナーとして既存の常識を破り、シンプルかつ力強い表現力で国内外で高い評価を受けて来たサイトウマコト。ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ展金賞など数々の賞を受賞し、作品はニューヨーク近代美術館、サンフランシスコ近代美術館、ヴィクトリア&アルバートミュージアムをはじめ30以上の美術館にコレクションされてきました。

しかし、サイトウはデザインの活動と決別して本格的に絵画の制作を始め、2008年には金沢21世紀美術館において国内初の大規模個展「サイトウ・マコト展:SCENE[0]」を開催しました。本展は、2011年に開催した「蜜が蜂を呼ぶように。 Like Nectar Attracting Bees」以来小山登美夫ギャラリーでは6年ぶり2度目の個展となり、新作約7点を発表する予定です。

日程
2017年9月9日(土)〜10月14日(土)11時〜19時
休み
日、月、祝
料金
無料
出展作家
サイトウマコト
(敬称略)
主催
小山登美夫ギャラリー
会場
小山登美夫ギャラリー
(東京都港区六本木6-5-24 complex665 2F)
会場の場所をGoogleマップで開く
Neural Network_1 2017, oil on canvas, 215.0 × 163.0 cm ©Makoto Saito, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
Neural Network_10 2016, oil on canvas, 215.0 × 163.0 cm ©Makoto Saito, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
スポンサーリンク