新型コロナウイルス感染拡大にともない、掲載時からイベント内容が変更となっている場合がございます。

日本学術会議シンポジウム 大地震に対する大都市の防災・減災

2017年08月28日(月)

大都市直下の大地震発生が予測される中、大都市への人・構造物・機能の過度の集中と複雑なシステムにより震災リスクがますます高まっている。マグニチュード7クラスの首都直下地震が起きた場合、2万人を超える死者だけでなく、わが国の国家予算に匹敵する規模の被害が予測されている。現状は、大都市の賑やかで活発な生活と活動を広げつつ、震災発生を前提にして地震後の対応のための対策・準備に重点がおかれている。一朝一夕には進まないが、将来の都市構成を見通した中で災害を極力減じるための抜本的で具体的な活動を、個人・家族・企業・自治体・国は、それぞれ且つ協力して推進すべきである。

本シンポジウムでは、大都市の震災軽減につながる強靭な都市・社会の構築に向けたハード・ソフト対策と、将来的に目指すべき国土や都市の構成に関して当分科会で議論してきたことを説明し、これをもとに大地震に対する大都市の防災・減災について真剣な議論を行いたい。

日程
2017年8月28日(月)12時~16時
出演
田村和夫(日本学術会議連携会員、千葉工業大学工学部教授)
米田雅子(日本学術会議第三部会員、慶應義塾大学特任教授)
和田章(日本学術会議連携会員、東京工業大学名誉教授)
浅岡顕(日本学術会議連携会員、名古屋大学名誉教授)
小野徹郎(日本学術会議連携会員、名古屋工業大学名誉教授)
福井秀夫(日本学術会議連携会員、政策研究大学院大学教授)
沖村孝(日本学術会議連携会員、神戸大学名誉教授)
山本佳世子(日本学術会議連携会員、電気通信大学准教授)
南一誠(日本学術会議連携会員、芝浦工業大学建築学部教授)
高橋良和(日本学術会議連携会員、京都大学工学研究科教授)
東畑郁生(日本学術会議連携会員、東京大学名誉教授)
(敬称略)
料金
無料
主催
日本学術会議 土木工学・建築学委員会
大地震に対する大都市の防災・減災分科会
後援
防災学術連携体
申し込み
https://ws.formzu.net/fgen/S64188825/
会場
日本学術会議講堂(東京都港区六本木7丁目22番地34号)
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク