新型コロナウイルス感染拡大にともない、掲載時からイベント内容が変更となっている場合がございます。

「建築家・山田守の住宅」展 没後50周年・自邸公開

2017年04月12日(水)〜2017年04月23日(日)

この春(412日~23日)東京都港区南青山にある「山田守自邸」(1959/山田守設計)にて、「建築家・山田守の住宅」展  ー没後50周年・自邸公開ー を開催いたします。

山田守(1894-1966)は日本近代を代表する建築家のひとりで、「東京中央電信局」(1925)「東京逓信病院」(1937)、「厚生年金病院」(1953)、「長沢浄水場」(1957)など、独創的な軽やかなデザインで一世を風靡しました。晩年には「京都タワービル」(1964)や「日本武道館」(1964)などを手がけています。

当展覧会では、建築家・山田守の没後50年を記念して、自邸を公開するとともに、大きな建築の影に隠れて、あまり注目されてこなかった山田の住宅作品の魅力を、設計図や写真、模型を示しつつ、紹介します。

会場は山田守自邸2階のギャラリーで、展示スペースそのものも見所であり、会期中にその魅力を説明するギャラリートークを予定しています。

日程
2017年4月12日(水)~4月23日(日)
水~金:13:00~18:00(最終入場17:30)
土・日:11:00~17:00(最終入場16:30)
休み
4月17日(月)、4月18日(火)
会場
山田守自邸(港区南青山5-11-20)
料金
一般700円、学生500円
主催
「建築家・山田守の住宅」展 実行委員会
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク