新型コロナウイルス感染拡大にともない、掲載時からイベント内容が変更となっている場合がございます。

ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 2016 帰国展「いま、そこにある、住まいの風景」

2017年04月13日(木)〜2017年04月19日(水)

2016年に半年間にわたって開催されたヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展の会期が昨年11月に終了しました。本展では、その帰国展として、ヴェネチアでの展示を再構成して展示します。

展示されるのは、30代~50代の10組の建築家が設計した10の住宅作品です。それぞれが、日立(茨城)、東京、津島(愛知)、彦根(滋賀)、京都、大阪、津山(岡山)、鹿児島、那覇(沖縄)など全国各地に過去5年のうちに建てられ、すでにある程度住まれている住宅です。そのどれもが、敷地や周辺環境をはじめ、建主ごとに異なる生活像、そして建築家の設計思想が強く反映された、個性的な作品ばかりです。

本展は、それらを共通するユニークな視点で紹介する試みです。1つは、スケールをあわせてつくられた模型によるインスタレーション展示です。1:20、1:100、1:500という解像度の異なる3つのスケールに統一され、垂直に吊られた模型群が、空間、環境、都市を比較するだけでなく、住宅のあり方そのものを問う視点を見るものに与えてくれるはずです。それら加えて、本展のために制作された短辺映像作品が上映されます。映像では、動かない物理空間として建築の内部や周辺における、人や動植物、自然現象に目線を向けることで、竣工写真にあらわすことのできない、暮らしの風景が映し出されます。

模型と映像が折り重なる空間の中で、日本の住まいの風景が「いま、そこに」感じられるメディアとして再現されることを期待しています。

日程
2017年4月13日(木)〜4月19日(水)11:00〜18:00/
休み
会期中無休
会場
ASJ UMEDA CELL(大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビル オフィスタワー 24階)
料金
無料
出展作家
小引 寛也+石川 典貴「南阿佐ヶ谷の家」
山口 陽登+楯列 哲也+杉浦 良和「神田淡路町の家」
松岡 聡+田村 裕希「裏庭の家」
森田 一弥「Pentagonal-house」
遠藤 秀平「RooftectureOT2」
竹口 健太郎+山本 麻子「SKYHOLE」
光嶋 裕介「旅人庵」
可児 公一+植 美雪「SOJA-O」
鈴木 亜生「SHIRASU」
芦澤 竜一「風の間」
(敬称略)
主催
一般社団法人日本建築設計学会
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク