新型コロナウイルス感染拡大にともない、掲載時からイベント内容が変更となっている場合がございます。

立花 貴「「今あるもの」で人と地域の未来をつくる」『ひとりの力を信じよう』(英治出版)刊行記念

2017年01月25日(水)

6年前の東日本大震災で壊滅的被害を受けた宮城県石巻市の町、雄勝(おがつ)。
今、このまちに全国から大勢の人が訪れています。やって来るのはビジネスパーソンから子ども、学生、官僚や政治家までさまざま。雄勝が、他では得られない体験や学びができる場所として、地域活性化の最先端として、注目されているためです。いったい、どんなことが行われているのでしょうか?

今回お招きするのは、震災直後に雄勝に移り住み、復興・地域活性化に取り組んできた起業家、立花貴さん。5,000人ものボランティアを呼び込んで廃校を改修し複合体験施設をつくる、地元の海産物をブランド化して世界に売り込むなど、「既にそこにあるもの」を活かした取り組みで「人と地域」の変化を生み出してきた立花さんに、これまでの活動と今後の展望をお話しいただきます。

・「既にあるもの」を活かした事業のつくり方
・地域活性化の取り組みで大切なこと
・心から打ち込める仕事や働き方の見つけ方
といったテーマにご関心のある方には特におすすめのトークイベントです。

日程
2017年1月25日(水)19:00~20:30(開場 18:30)
出演
立花貴(敬称略)
会場
青山ブックセンター 本店(東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F)
料金
1,080円(税込)
定員
50名
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク