新型コロナウイルス感染拡大にともない、掲載時からイベント内容が変更となっている場合がございます。

粟津則雄コレクション展 「“思考する眼”の向こうに」

2016年11月19日(土)〜2017年02月12日(日)

粟津則雄氏(1927生)はオディロン・ルドンやパウル・クレーなど芸術家の評伝をはじめ、アルチュール・ランボーやカフカといった詩人・哲学者の訳書や評論など、フランスの文学、美術、音楽に対し深い造詣を持ちながら、正岡子規や萩原朔太郎、小林秀雄にも高い関心を抱き、研究・評論をつづけてきました。

当館は2014年度に粟津氏の収集した美術品の数々、約100点の一括寄贈を受けました。
その中には評論・評伝の中で取り上げたルドンやジョルジュ・ルオー、アントニー・クラーヴェの版画、著作の表紙を飾った駒井哲郎、柄澤齊、親しく交流した麻田浩、池田満寿夫らの作品が含まれています。

それらは、長年に亘り書斎に飾られた愛蔵の品で、粟津氏の眼、表現とともに歩み、その思考の一端を読み取ることができる意義深い作品ばかりです。

2006年より出版が続いていた『粟津則雄著作集』(思潮社)が完結することを機に当館所蔵の粟津コレクションの中から選りすぐりの作品、約50点を紹介します。

日程
2016年11月19日(土)~2017年2月12日(日)10:00~18:00(※入館は17:30まで)
休み
月曜日(ただし、1月9日(月曜・祝日)は開館、翌10日(火曜)は休館)、年末年始(12月29日~1月3日)
会場
練馬区立美術館(東京都練馬区貫井1-36-16)
料金
一般300円、高校・大学生および65~74歳200円、中学生以下および75歳以上無料
主催
練馬区立美術館(公益財団法人 練馬区文化振興協会)
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク