新型コロナウイルス感染拡大にともない、掲載時からイベント内容が変更となっている場合がございます。

細江英公 × 笠井叡「写真家と舞踏家 眼はどこを見る」『透明迷宮』(平凡社)『鎌鼬 田代の土方巽』(慶應義塾大学出版会)刊行記念

2016年12月23日(金)

2016年、細江英公の写真集が2冊刊行されました。それぞれ、日本を代表する舞踏家である土方巽と笠井叡を被写体とした写真集です。

『鎌鼬 田代の土方巽』は、この10月の鎌鼬美術館(秋田県羽後町田代)の開館を記念して図録として刊行。1969年に刊行されて、今や稀覯書となっている『鎌鼬』から、土方巽が羽後町田代の田んぼや旧家で撮影された写真を選んで新たに編集されました。
『透明迷宮』は、踊る笠井叡がスタジオで撮影されています。ダンサーの肉体の純粋性を形象化するかのようなモノクローム撮影で、ダンサーの珠玉の言葉が写真に添えられています。

この2冊は、撮影の意図や写真のモチーフ、撮影環境などは対照的で、二人の舞踏家の特質が浮き彫りになっています。撮影者の細江英公が舞踏家といかに対峙してきたのか、被写体となった舞踏家がカメラを前に何を踊り、何を見せようとしたのか。さらに、今は亡き土方巽が新しい写真集でいかに再発見されるのか。

2冊の写真集を前にしての、写真家と舞踏家の対談は、写真と舞踏をめぐってスリリングな展開が期待されます。

トークの終了後、お二人のサイン会も開催いたします。

日程
2016年12月23日(金)18:00~19:30(開場17 :30)
出演
細江英公(写真家)
笠井叡(舞踏家・振付家)
(敬称略)
会場
青山ブックセンター本店(東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F)
料金
1,080円(税込)
定員
110名
主催
青山ブックセンター本店
後援
平凡社、慶應義塾大学出版会、NPO法人舞踏創造資源
協力
鎌鼬美術館、細江英公写真芸術研究所、天使館、慶應義塾大学アート・センター、NPO法人鎌鼬の会・東京
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク