新型コロナウイルス感染拡大にともない、掲載時からイベント内容が変更となっている場合がございます。

実川元子 × 鈴木立哉「どうする?どうなる?これからの翻訳者と翻訳業」『翻訳というおしごと』(アルク)刊行記念

2016年12月13日(火)

自動翻訳などの技術が進化する中、翻訳者には「未来」はあるか。「これからも食べていける」翻訳者の条件とは? 
「翻訳サッカー本大賞」を2年連続で受賞するなど、出版翻訳者として活躍を続けている実川元子さんと、金融翻訳者の第一人者で、『Q思考―シンプルな問いで本質をつかむ思考法』(ウォーレン・バーガー著、ダイヤモンド社)の翻訳者としても知られる鈴木立哉さんが語り合う「翻訳というおしごと」の現在と未来。

日程
2016年12月13日(火) 19:00開始/18:30開場
出演
実川元子(翻訳者/ライター)
鈴木立哉(実務翻訳者、出版翻訳者)
(敬称略)
会場
紀伊國屋書店新宿本店8階イベントスペース(新宿区新宿3-17-7)
料金
対象書籍代(『翻訳というおしごと』アルク、税込1,620円)
定員
50名
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク