新型コロナウイルス感染拡大にともない、掲載時からイベント内容が変更となっている場合がございます。

原口剛 × 北川眞也「寄せ場・釜ヶ崎と“ラディカル地理学”」

2016年12月17日(土)

かつて、「寄せ場に立てば世界がみえる」という言葉がありました。さまざまな出自をもつ労働者が生き、日々の闘争が繰り広げられる寄せ場・釜ヶ崎の現実を知ることは、そこから世界を見通す方法を編み出す出発点であったのです。いまこそ、私たちはこの言葉を取り戻さなければなりません。釜ヶ崎という土地に潜む記憶を呼び覚まし、さらにはそれを移民や難民の流動にあふれた地球的状況と重ね合わせながら、その可能性を探りたいと思います。

もうひとつ、声を大にして語りたいことがあります。地理学とはラディカルな学問なのだ!ということです。過去五〇年間に、世界のさまざまな土地で思想的格闘を繰り広げた地理学者たちは、じつに多種多様な空間思想を練り上げ、「新しい地理学」を生み出しました。

なかでも「ラディカル地理学は、この格闘の最前線に位置してきたのです。日本ではまだあまり知られていないのですが、私たちはかれらの思想にこそ鼓舞されてきましたし、『叫びの都市』はそうして出来上がった本です。寄せ場・釜ヶ崎を語ることをつうじて、ラディカル地理学の醍醐味について、語りたいと思います。

日程
2016年12月17日(土)15:00〜
出演
原口剛(神戸大学准教授)
北川眞也(三重大学准教授)
(敬称略)
会場
ジュンク堂書店難波店(大阪市浪速区湊町1丁目2-3 マルイト難波ビル)
料金
無料
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク