新型コロナウイルス感染拡大にともない、掲載時からイベント内容が変更となっている場合がございます。

秋元 雄史 × 緒方 慎一郎 × 小津 誠一 × 中村 卓夫 工芸 × 建築フォーラム「工芸建築の可能性—金沢からの提案—」

2016年11月16日(水)

「工芸建築」とは、建築をひとつの工芸作品として考えてみようとする試みです。

本フォーラムでは金沢の工芸と建築の伝統と革新を基盤として、現代における工芸と建築の融合による創造的なクリエイションの展開可能性を議論します。今回は工芸と建築の融合可能性を感じさせるパネリストを招き、伝統と革新のぶつかり合いから新たな創造を生み出す議論を進めていきます。

本フォーラムは、工芸を体感するための試みである「21世紀鷹峯フォーラム」(東京)の一環として開催されます。次年度(2017)開催の金沢での実践につながる議論にぜひご参加ください。

日程
2016年11月16日(水)19:00〜21:00
出演
コーディネーター
秋元 雄史(東京藝術大学大学美術館館長)

パネリスト
緒方 慎一郎(デザイナー・SIMPLICITY代表)
小津 誠一(建築家・金沢R不動産代表)
中村 卓夫(陶芸家・梅山窯)
(敬称略)

会場
3331 Arts Chiyoda B104(東京都千代田区外神田6丁目11-14)
料金
1,500円(当日受付支払い)
定員
70名(事前申し込み制)
主催
NPO法人趣都金澤 (金沢まち・ひと会議)
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク