第10回 未来エレベーターコンテスト

2016年09月30日(金)

今から10年後の2026年をイメージしながら、建築やエレベーター・エスカレーターをインターネットにつなげることによって可能になる機能・サービスを形にしてください。提案書には、IoTの導入によって建築やエレベーター・エスカレーターがどのように変わるのかも表現してください。

応募締切
2016年9月30日(金)(当日消印・宅配受付有効)
審査員
今村 創平(建築家、千葉工業大学創造工学部建築学科准教授、アトリエ・イマム主宰)
谷口 守(筑波大学システム情報系社会工学域教授)
KIKI(モデル)
桑津 浩太郎(株式会社野村総合研究所 コンサルティング事業本部 ICT・メディア産業コンサルティング本部 部長)
藤田 善昭(東芝エレベータ株式会社 常務 統括技師長)
(敬称略)
賞金
最優秀賞(1作品)50万円
優秀賞(1作品)20万円
審査員賞(3作品)10万円
特別賞(1作品)10万円
応募資格
大学および大学院、高等専門学校、短期大学、専門学校の在学生。
複数人でチームとして参加する場合、チーム全員が応募対象の条件を満たすものとします。
主催
東芝エレベータ株式会社
スポンサーリンク